S.A.P. HUMAN CONTENTS 06
MAKOTO
NOZAWA
プランナー
転職入社 静鉄アド・パートナーズ 入社4年目

ひたすら妄想する人。

最初のキャリアは、とある月刊誌の編集でした。
我が国における電子編集システムの草分けとなった雑誌で、
その現場に居合わせ、DTPの基礎を身につけました。
出版の次は流通。某総合スーパーのチラシ制作進行に従事。
読売新聞の発行部数をも上回るあの大判チラシは、
制作・印刷のシステムがガチガチに組まれていて、
息をつく暇もありませんでしたね。
さらに通信分野へ進み、携帯電話のフリーペーパーを手がけることに。
当時から、才能の塊のような人種がうごめく業界であり、
そこで築いたネットワークを当社の仕事に活かしています。

personality

他人を押しのけ、踏み台にしても平気な人たちに囲まれてきましたから、
相当鍛えられていますよ(笑)。
そんな私からみると、この会社は天国です。
奇跡的と言ってもいいくらいですね。
大きな組織でないせいか、
妙なテリトリー意識がなく、社員同士の無用な牽制、せめぎ合いもない。
仕事の幅も奥行も一人ひとりの意志に委ねられており、
やりたいことに自由にチャレンジできます。
これほど精神的な疲労を覚えず、気持ちよく働ける環境は初めてでした。
何物にも替えられない、当社の価値だと思います。

episode

とんでもない緊張感で、驚かされることばかり。
コンコルドのCMは、静岡の方ならどなたもご存知でしょう。
その撮影現場に、私は社の担当として立ち会います。
監督は日本のCM界で十指に入るといわれる山内ケンジさん。
彼の頭の中には仕上がりのイメージが寸分狂わずできあがっており、
誰にも見えていない世界が、理路整然とカタチになっていくのです。
あの走り描きのようなコンテも実は細部まで緻密に計算されていて、
まさにその絵の通りに撮影が進みます。まったくムダがありません。
コンコルドのCMは幾多の栄えある賞に輝いてきましたが、
最新シリーズは、地方CMにもかかわらず、「ACCゴールド賞」を受賞しました。
このような特別な仕事に関われるのも、当社の大きな魅力のひとつ。

vision

やりたいこと、やり切れていないことが、まだまだあります。
もっと面白いこと、スケールの大きなことをやってみたい。
当社は営業・制作とも多士済々の顔ぶれで、
前述した人間性に加え、
乾いたスポンジのように新しい戦略・スキルを吸収し、
自分流にふくらませている社員たちが大勢います。
何か、とてつもない、ポテンシャルを感じるのです。
この会社、これからどんどん変わりますよ。

message

私はコンテンツプランナーの出身ですが、
CMにせよ、イベントにせよ、セールスプロモーションにせよ、
制作に入る前にロジックを組み立て、
コミュニケーションの仕掛けを考えるという点で同じです。
コミュニケーションをつくれなければ広告屋じゃないし、
「面白いな!」をつくれなければプランナーじゃないと思う。
私のやり方は、妄想すること。「人生の偉大なる暇つぶし」です(笑)。
どんな壮大なことも妄想するのはタダですし、
もしそれが実現し、世に出たら、こんな愉快なことはないですよね。

works

藤枝ホテルオーレの
サンリオミラクルギフトパレード

お題は、藤枝駅南口にあるホテルオーレの夏休みイベント。
ホテル前の屋外広場に大人数を動員するにはどうしたらいいだろう?
そうだ、サンリオピューロランドが確か25周年!
あのショーをまるごと持ってくるのはどうだろう?
どうせなら、増田セバスチャン氏の演出による
「Miracle Gift Parade」のダイジェスト版をやってもらおう!
ミラクルライトを貸し出して!
キャラクターの撮影会や握手会、もちろんグッズ販売も!
妄想が妄想をつぎつぎと生んで…。面白かったですよ。

photo