S.A.P. HUMAN CONTENTS 05
WAKANA
MAEJIMA
WEBデザイナー
新卒入社 静鉄アド・パートナーズ 入社2年目

泣き虫のままでいい。

広告ってカッコイイ! そんな漠然としたイメージから、
学生時代にアルバイトをさせていただき、そのまま入社しました。
現在WEBチームに席を置き、デザイン、コーディング、WEB広告の運用なども。
正社員になってからお客様と直接接する機会が増え、
アルバイトの頃とは違うシチュエーションに日々遭遇しています。
泣き虫の素顔をときどきのぞかせてしまうのは、そのせいです(笑)。

personality

どちらかというと考え込んでしまうタイプ。
気分転換を兼ねて、新幹線や飛行機であちらこちらに出かけています。
先日、音楽フェスで知り合った友人と旅行しました。
大のバンド好きで、最近のお気に入りはピアノロックバンド『WEAVER』。
彼らのステージが大好物です。

episode

「ほら、ここに私がいるでしょ?」
写真の片隅に小さく写った自分を指さしていました。
きっと、ちょっぴり自慢げな表情で。
それは静鉄グループのレジャー施設「静波スウィングビーチ」のホームページ。
撮影のディレクションから、デザイン、コーディングまで、
初めて一人でやり通した仕事です。
作品をスマホで気軽に見せられるのが、WEBの仕事のいいところ。
まず両親に「これ、私がつくったんだよ」。さらに友人との飲み会で。
どちらも恐る恐るでしたが、予想以上のお褒めの言葉をいただいて、
調子に乗って、さりげなく、つい冒頭のセリフまで…。
まだまだひよっこの私ですが、
これからも自分として誇れる仕事をさらに増やしていきたいです。

vision

私は、これからのクリエーター。
泣き虫なのは、感受性が豊かなことの証かもしれません。
そう前向きに考えて。ありのままの自分を信じて。
これからも素直に謙虚に仕事に取り組み、自信を増やしていきたいですね。
そして、もっと仕事が楽しめるようになれればいいな。
最近、広告に惚れ直しています。前よりも、強く、深く。

message

同じ課に気軽に何でも相談できる女性デザイナーがいます。
異なる業種からの転職の方で、私よりデザイン経歴があり刺激をもらってます。
その方に限らず、当社は年齢・キャリアを問わず、
気兼ねなく話し合える雰囲気です。
平気な顔をしている人でも、新人は誰もが自信が持てなくて当たり前。
私のような泣き虫でもチャンスをもらい、チャレンジでき、成長を感じています。

works

静波スウィングビーチの
HPリニューアル

インターゲットの30代女性に「ステキね!」と感じていただけそうな王道路線から、
今風の少しとんがったものまで4つの案をご提案。
その中で内心本命視していた案が採用され、うれしさも倍増でした。
納期に間に合わせるのが大変でしたが、何とかクリアすることができました。
クライアントの責任者から「前島さん確認しました、すごくイイ!ありがとう‼」と直々に連絡をいただきました。
直後の泣き虫は・・・やはり。
自分にとってかけがえのない第一歩になりました。

photo